TAMPICOについて

TAMPICOのバッグは南仏の工房で職人の手によりひとつひとつ作られています。
使っているうちに生地も柔らかくなり、革も風合いを増して、その人らしい個性をまとっていくバッグです。
パーツが取れてしまったり、縫い目がほつれてしまっても、修理をしてまたお使いになる方も多く、
買ったばかりのきれいな状態を保つというより、遠慮なくどんどん使って、日々の相棒にして頂きたいと願っています。





使用している素材は綿や麻、牛革など自然の風合いを生かしたものが中心のため
生地表目のネップ(繊維のかたまり)や、工程上でついた小さな傷、革の断面のわずかな毛羽立ちや血筋などが
見られることがあります。
このような箇所は欠陥ではなく、TAMPICOならではの風合いと捉え、使用する際の支障がない限り、
製品としての許容範囲であると考えています。
小さな工房で職人が作っている姿が想像できるような、多少のばらつきや個体差があることをご理解いただき
TAMPICOならではの個性としてお考え頂けましたら幸いです。


ご注意いただきたいこと

素材本来の風合いを生かすため、キャンバス・革部分ともに防水加工は施しておりません。
水や雨などの水滴はシミや表面が膨張する原因となりますので十分ご注意ください。
摩擦・水濡れ・汗・湿気等により色落ちや衣服などに色移りする場合があります。
特に白や淡色の物との組み合わせや、摩擦や汗、雨等の湿気にはご注意ください。
日光及び蛍光灯により多少変色する場合があります。

防水スプレーのご使用はお控えください。
タンピコのアイテムは生地を2枚重ねて生地と生地を接着剤で張り合わせしたものを使用しています。
防水スプレーを使用することによりスプレーの水分で接着剤がはがれて空気が入り
表面がポコポコと浮いてきてしまったり、黒ずみのようになってしまったりする恐れがあるほか、
スプレーの量などによりシミになる恐れがございます。
革部分へのスプレーは色落ちや色移りの原因となりますのでお控えください。
アルコールスプレーやジェル・除菌シートなどのご使用もお控えください。

お手入れ方法について

水洗いはできません。
ほこりや汚れはブラッシング、または乾いた柔らかい布で軽く取り去ってください。
その後、通気の良い場所で陰干ししてください。
汚れのひどい場合は専門のクリーニング業者にご相談ください。
保管の際は通気の良い場所を選び、高温多湿の場所はお避けください。