STAMP AND DIARY

STAMP AND DIARY
刺繍アーカイブ


糸の本数や刺し方でさまざまな表情を見せる刺繍。STAMP AND DIARYが2015年から手掛ける刺繍シャツは、自然をモチーフにシンプルに図案化してモダンに表現。タイムレスでエイジレスに愛されるデザインを追求しています。
STAMP AND DIARYの刺繍シャツをフィーチャーしたスペシャルコンテンツ「刺繍シャツのすべて」第4回は、これまで展開してきた刺繍の数々を、アーカイブとしてご紹介します。

# 01annabelle アナベル

紫陽花の一種で、無数の小さな花をてまり状に咲かせ、目を楽しませてくれるアナベル。繊細さと大胆さをあわせもつこの花を、小さなサテンステッチを集めたパターンで表現しました。大小のサークルとスクエアを散りばめたリズミカルなデザインが目を引きます。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 02basket バスケット

小さな一輪の花をつなぎ合わせたこのパターンは、フラワーバスケットをイメージしてデザインされました。植物という一見かわいらしいモチーフも、格子状に規則的に並べることで、凛とした表情に見せています。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 03marimo マリモ

水中でころころと転がり、細い糸状の藻を集めて球体になるマリモ。同じ名が付けられたこの刺繍は、よく見るとマリモのように、いくつものストレートステッチが集まって、ひとつのサークルを描き出していることがわかります。奥行きがあり、シックな雰囲気を漂わせるドットパターンです。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 04nukka ヌッカ

nukkaは、フィンランド語で「綿毛」のこと。うずまき模様のサークルやリングといった、さまざまな大小のドットをランダムに配した動きのあるデザインです。綿毛が風にのってふわふわと宙を舞っているかのよう。日本よりも空が近く、雲が低い位置にあるフィンランドの空から想起した、STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 05raindrop レインドロップ

raindropは「雨粒」を意味します。大小の“粒”を水平垂直方向へ不規則につなぎ合わせたこのパターンは、窓にしたたる雨粒にも、地面に落ちた雨が踊るように跳ねる姿にも感じられます。動きのある幾何学パターンで、独創的ながらもどこか知的な印象があるのも特徴です。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 06silmukka シルムッカ

silmukkaは、フィンランド語で「ループ」のこと。三角形や四角形、サークルが規則正しく、シームレスに並ぶ幾何学パターンで、STAMP AND DIARYで展開する刺繍のなかでも、密で繊細な表現。まるでレースのようなはかなげではなやかな表情をもちます。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 07voikukka ヴォイクッカ

voikukkaは、フィンランド語で「タンポポ」のこと。小さなドットを円状につないで点在させたこのパターンは、空に向かって花を咲かせるタンポポの姿のよう。見ているだけで元気になれるような、明るくやさしい表情をもっています。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 08spher スフェール

spherは「球体」を意味します。チェック、ストライプ、ギザギザ、無地……。さまざまなパターンの“球体”がせめぎ合う独創的なデザインです。天体のようにも見え、どこか神秘的な空気をまとっているのも特徴です。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 09rivi リヴィ

riviはフィンランド語で「列」を意味します。その名のとおり、まっすぐに整然と糸をあしらったモダンなデザインですが、よく見るとクロスを連ねたようにも、松の繊細な枝葉のようにも感じられます。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 10forest フォレスト

その名のとおり、森の木々をイメージソースとしたパターンです。ヨーロッパのなかでも森林が多いフィンランドの森で、枝葉を広げる木々の姿からインスピレーションを得ています。無数の葉っぱが風ではらはらと舞っているかのようにも見え、さわやかな空気をまとっています。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 11mosaic モザイク

ガラスや貝殻、石などの小片を寄せ集めて制作する装飾美術、モザイクをイメージソースとしています。サークルやスクエア、ストライプ模様やジグザグ模様など、アイコニックパターンが規則的に並ぶ、ユーモアあふれるデザインです。

# 12kuusi クーシ

kuusiはフィンランド語で数字の「6」を意味します。ごく小さなホールをあけて縁縫いしたアイレット刺繍を、六角形につなぎました。幾何学のパターンながら、アイレット刺繍により、奥行きのある繊細な表情をつくり出しています。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 13lanka ランカ

lankaはフィンランド語で「糸」を意味します。その名のとおり、よく見ると2本の糸を撚り合わせているように見える個性的なパターンです。細やかなデザインながら、部分的にアイレット刺繍をあしらうことで、かろやかな印象に。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 14sade サデ

sadeはフィンランド語で「雨」を意味します。無数の小さなドットが並んだこのパターンは、雨が降り始め、ぱらぱらと地面に落ちた雨跡のよう。シンプルなデザインながら、部分的にほどこしたアイレット刺繍が独特の陰影を作り出します。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 15muratti ムラティ

murattiはフィンランド語で「蔦」を意味します。蔦が壁を這いながら、生き生きと伸びていく姿がモチーフ。ドットや曲線が愛らしい印象をもちながら、躍動感も感じさせるデザインです。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

# 16lehtia レフティア

lehtiaはフィンランド語で「葉」を意味します。扇状の葉を広げる銀杏にも、放射状に細い葉を広げる松にも見えるモチーフです。葉っぱが風にのってひらりと舞い落ちるかのような情景が描かれています。STAMP AND DIARYのオリジナルパターン。

photo:
Shinichi Miura
planning & creative direction:
Hi inc.

'22 刺繍シャツ ラインナップ